三重県産 秦さんの関取米(減農薬)

江戸末期に誕生した品種!三重県産 秦さんの関取米(減農薬)

三重県産 秦さんの関取米(減農薬)

はじめに

最近、在来米やそれに近い品種改良の少ないお米が見直されています。
今のお米のルーツとなった在来米達。
お米アレルギーやアトピーなどが軽減されたり、体調が良くなったような話しもお客様から実際に届いています。

「少し前の日本人はこんなお米を食べていたんだなー」と言う気持ちで食べて欲しいのです。
そして昔は今より精米技術も進んでいなかったでしょう。
このようなお米はその時のように分付きや玄米で食べる方がよりそのお米の魅力を増します。
「3分、5分、7分、玄米で食べた方が絶対に美味しい!」
そう素直に思います。


在来米は同名異種、異種同名がたくさんあり、また同じ品種でも植える田んぼや生産者、地域、年によって味が変わります。
これはお米に限った事では無く、野菜や大豆にしても同じのようです。
在来種、固定種は今ではほとんど栽培されなくなりました。
消えゆく種。
そんな中でも僅かな生産者さんが栽培を続ける理由。
そこにスポットを当ててみました。
米屋として微力ながら「お米の世界を広げたい。」
そんな気持ちで販売を始めました。

関取米の誕生と歴史

1848年 三重県菰野町で誕生した在来米。
今から約160年前 菰野町の農家だった佐々木惣吉(ささきそうきち)が千本の稲の中から優れた一本を選び出し、それを栽培してみたところ、茎が強くて収穫量も多い高品質のなお米の生育に成功。
特に鈴鹿山脈からの強い吹き下しによる倒伏にも強かった。

当時、強い第十代横綱の名にちなんで「雲龍」と名付けたようです。
佐々木惣吉は大の相撲好きだったようでこの名前にしたが、「雲龍」が負ける事が多くなり引退。
その後、「関取」に改めました。

小粒でしたが良質米と言う事で、「帯銀純白」と表現され、文字通り「銀シャリ」として、東京の寿司屋で一世風靡。
東京市場でも他のお米に比べ高価で取引され、全国的に有名になり、明治40年には全国4位の作付けにランク付けされたのです。

当時の関取の特徴は・・・

・稲の背丈が短い
・分けつが多い
・小粒の良質米

関取の普及がどれほどのものかは不明だが、明治20年には東海および滋賀、関東一円。
明治28~32年頃には北陸、長野、35~40年には山陰、四国にまで分布。
九州には鹿児島まで広がりがあった。

しかし小粒であると言う特性は収量増加には欠点となり、またその後誕生したササニシキなどの後継種に比べやはり収量が少なくなる事からだんだんと栽培されなくなり、大正時代になると新品種に取って変わられてしまうようになりました。

伝説となったお米、関取米は現在に語り継がれ、2005年、百有余年と言う長い年月を経て菰野町役場と農家さんによって復活したのです。

生産者  秦 好文さん

そんな関取米を復活させてくれた農家さん

秦 好文さん に会いに行って来ました。

菰野町での関取米、たった一人の生産者さん。
今年で13年目の関取米栽培。
復活時の立ち上げから今も関取米を繋いでくれている生産者さんです。

20190915_142213.jpg

「正直言うとな~、関取米を作るの止めたいんだな~。」

「関取米を栽培していかがですか?」の答えがそれでした。

小粒だから1反に4俵(30kgが8体)しか収穫出来ない。

普通だったら1反に10俵(30kgが20体)ほど栽培出来る。

考えたら同じ米を作るのならたくさん取れた方が良いですからね。

・三重県安心食材に認定され、毎年、毎年、担当者が田んぼや資材を細かくチェック。
・モミは薬品の消毒はせず、温湯消毒をして自然に発芽。
・認定された有機肥料を使用。
・田植え後は害虫駆除の農薬は使用しない。

ただ、田植え時に除草剤をたった1度だけ使用しなきゃいけないのです。
ツルのような雑草が田んぼに生えてくる。
それが広がると稲刈りの時にコンバインに絡んで、上手に稲刈りが出来ないのです。 

田んぼに入る水はとっても豊富。
鈴鹿山脈から新鮮な水が届くから水には困らない。
20190915_142624.jpg

稲刈り後モミは、通常、1、2日で温風乾燥し袋詰めされます。
秦さんは、1日目は通風乾燥(風だけの乾燥)。
2日目から4日間もかけて低温でゆっくりゆっくり乾燥させます。
機械乾燥とは言え、天日干しのような乾燥の仕方でお米を仕上げているのです。

お米は学校給食に出されたり、お土産用に小袋で道の駅での販売、名古屋の寿司屋さんがブレンドして使用してくれている。地元酒屋さんが日本酒にして販売してくれている。

残って欲しいと言う想い

「こんなに希少なお米で、責任持った栽培方法で作っているんだから、やめたいなんて言わないでくださいよ! うちも秦さんの栽培した関取米を責任持ってお客様にお勧めしますから!」

生産者さん、町役場、販売店が協力してこの関取米を残さないといけない!

強くそう思いました。

でも、何んだかんだ言っても、生産者さんは自分の作ったお米は自分の子供のようだと皆さん言うんですね。
秦さんも我が子のように関取米に愛情をもって作っているのが分かりました。
20190915_142246.jpg

関取米は背が高く小粒。
時代が進むにつれて関取米のようなお米は栽培されなくなり、今の時代のお米に変わっていきました。
しかし、
在来米は今のお米のような粘りや甘みが少ないのはもち米のようなお米との掛け合わせが無く、うるち米本来の特徴がある。
ここ数年でお米でのアレルギー反応が出てしまう方も増えてきました。
在来米を食べるとアレルギー反応が抑制されたり、体調が良くなったと言う方もいます。
日本人の昔からの「食」を戻せば今のようなアレルギーや体調不良などはかなり無くなっていくような気がしてなりません。
そして、在来米を少しでも多くの人に知ってもらう事で「お米の世界」がもっともっと広がります。

翌年の籾種を繋ぐ為、自家採取をします。
田んぼの中から、健康で元気のある稲を選抜し、むしろ干しで乾燥。
この作業は本当に神経を使うそうで、大切に翌年に保管されます。
P1010776.JPG

秦さんの田んぼを訪ねた後、関取米の石碑を見に行って来ました。
どこかの田んぼの近くにあるのかと思っていましたが、道路脇にポッンと。
昔はこの辺は城下町の入口に当たり、いわば菰野町の1等地だった場所のようです。

20190915_151459.jpg

P1010794.JPG

地元の新聞などのメディアにも多く取り上げられました。

IMG_20191007_0001.jpg

菰野町役場の飯田さんも関取米の復活時から、携わって今まで関取米を繋いできました。
生産者さんの秦さんと一緒に「このお米を残そう!ここ菰野町で誕生したお米を少しでもまた広めたい!」そんな気持ちで今までやってきました。
「伊勢の三穂」と言われる 「関取」 「竹成」 「伊勢錦」 の3つのお米の中の「竹成」も今後新しい形で復活を目指してスタートしています。

生産者さん 町役場 そして販売店が協力して昔のお米、「在来米」を少しでも多くの人に知ってもらえればと思っています。
20190915_142426.jpg

生産者

秦好文

生産地

三重県三重郡菰野町

銘柄

関取

産年

元年産

※ お支払い方法、送料等につきましては、ページ下部をご確認ください。

三重県産 秦さんの関取米(減農薬)ご注文

  • 三重県産 秦さんの関取米(減農薬)秦さんの関取米 白米5kg

    石抜き 選別済

    完売いたしました

  • 三重県産 秦さんの関取米(減農薬)秦さんの関取米 玄米5kg

    石抜き 選別済

    完売いたしました

創業1932年。
お米に対する熱い想いと丁寧な管理を大切にしています。

当店のお米は全て低温倉庫で保管しております。お米は生鮮食品なんです。1粒1粒が呼吸をしているんです。
気温が上がるとお米が酸化を始め、鮮度が落ちてきます。年間を通してお米が新鮮な状態であるように、最適な温度で管理しています。

  • 白米について

    精米と言ってもただ精米するだけではいけません。お米の品種、状態などでその時に最適な精米をしています。お米の甘み旨みを逃さぬように最高の精米を心がけています。

  • 玄米について

    農家さんから仕入れた玄米の中にはモミや異物、石などが含まれている事がよくあります。玄米を機械にかけて口に出来ないものほとんどを取り除き、安心出来る玄米を選別しております。(30kgの商品は除きます。)

お支払いについて

  • 代金引換

    商品お受け取り時に配送業者にお支払いください。
    代引きの場合、送料と別に代引金額に応じた手数料がかかります。

    ~10,000円 330円
    10,001円~30,000円 330円
    30,001円~100,000円 550円
    100,000~200,000円 880円
    200,001円~300,000円 990円
  • クレジット決済(クロネコWEBコレクト)

    UFJ・NICOS・Master・VISA

  • 銀行振込(先払い)

    商品注文後、メールにて振込先をご連絡いたします。振込み確認後の発送となります。

  • コンビニ決済(先払い)

    セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・セイコーマート

  • ネットバンク決済、電子マネー決済(先払い)

    イーバンク銀行・ジャパンネット銀行・みずほ銀行・Edy

送料について

送料

1小口の重量は20kgまでです。
2小口になる場合は送料が変わります。
30kg商品は送料無料です。

北海道 北海道 2,690円
東北 青森県・秋田県・岩手県・宮城県
山形県・福島県
1,850円
関東 茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県
千葉県・神奈川県・東京都・山梨県
995円
信越
北陸
新潟県・長野県・富山県・石川県
福井県
995円
東海 愛知県・岐阜県・静岡県・三重県 995円
近畿 大阪県・兵庫県・京都県・滋賀県
奈良県・和歌山県
950円
中国 鳥取県・島根県・岡山県・広島県
山口県
950円
四国 徳島県・香川県・愛媛県・高知県 950円
九州 福岡県・佐賀県・長崎県・大分県
熊本県・宮崎県・鹿児島県
995円
沖縄 沖縄県 2,980円

※ 上記料金は運送品1個当たりの単価です。
※ クール料金は上記金額に加算となります。
  20kgまで : 220円
  25kgまで : 660円

配送について

  • お届け時間について

    お届け時間の指定ができます。時間帯は、次の6つの時間帯の中からご指定いただけます。(無料)
    ※ 運送会社の指定はお客様では出来ません。

    8時~12時・14時~16時・16時~18時
    18時~20時・19時~21時

  • お届け日数の目安

    発送日から翌日午前可能地域 四国、中国、関西
    発送日から翌日午後可能地域 中部、関東、北陸、九州
    発送日から翌々日可能地域 信越、東北
    発送日から3日後可能地域 北海道、沖縄、その他離島

    ※ 交通事情や天候により変更になる場合もございます。

返品について

商品の品質には万全の注意をはらって製造及び発送をしておりますが、発送中の事故、あるいは当社の責による間違い、破損、不良品の場合は一週間以内にご連絡ください。代替、返送料は当社が負担し、商品の交換をさせて頂きます。尚、お客様のご都合による返品・交換は致しかねます。ご了承ください。

ポイント制度について

お買い物の代金の応じてポイントがつきます。
100円=1ポイントが貯まります。
1ポイント1円計算で次回買い物時にご利用いただけます。ポイントはお買い上げ商品の合計金額が1,000円以上の場合ご利用いただけます。(ポイント○倍デーやイベントなどにより変動する場合がございます。)